来年度の補助金予報

公開日: : 最終更新日:2015/10/28 中小企業支援情報

起業時の資金調達の方法の1つとして、補助金助成金を利用する方法があります。

今回は、今年の8月に提出された平成28年度中小企業関係概算要求等の概要をもとに、来年も実施が「期待」される補助金3つを簡単にご紹介します。

①小規模事業者持続化補助金

小規模事業者が、商工会・商工会議所と一体となって、販路開拓に取り組む費用(チラシ作成費用や商談会参加のための運賃など)を支援する」補助金です。

補助上限額は50万円等(助成率2/3以内)

今年の公募の内容等はこちら

②創業・第二創業促進補助金

新たに創業する者や第二創業を行う者が、「新たな需要や雇用の創出等を促し、我が国経済を活性化させること」を支援する補助金です。

補助上限額は200万円(助成率2/3以内)

今年の公募の内容等はこちら

③海外展開戦略支援事業

海外への販路開拓を目指す中小企業等が、海外展開事業計画の実現可能性調査することを支援する事業です。

補助上限額は160万円(助成率2/3以内)

今年の公募の内容等はこちら

起業を予定されている方はもちろん、HPを刷新して販路を拡大しようと考えている方海外への販路開拓を計画している方は、来年の補助金公募が実施される場合に備える意味でも、事業計画の策定や見直しをしておきましょう。補助金申請は、補助金がもらえるだけではなく、補助金がもらえる体制を整えることで経営の問題点や課題を明確にする効果があります。なお、弊所でも、経営革新等支援機関として各種補助金申請サポートを実施していますので、いつでもお気軽にご相談ください。

 

————————————————————————————————————————————

手数料無料】で合同会社の設立を行っています。福岡での合同会社設立なら小西公認会計士事務所にお任せ下さい。専門スタッフが創業後の節税や融資も含めて親身に相談にのりますので、まずはお電話でご相談ください。初回相談料無料です。Tel: 092-517-3505
小西公認会計士事務所
公認会計士・税理士 小西慎太郎
福岡県福岡市中央区荒戸1丁目1番3号大濠JOYビル4階
HP: http://konishi-kaikei.com/

————————————————————————————————————————————

関連記事

no image

住民税特別徴収の義務化

個人住民税の特別徴収とは、所得税の源泉徴収と同様に、給与支払者である事業主が従業員に毎月支払う給与か

記事を読む

no image

福岡市の創業者向け融資「スタートアップ資金」の信用保証料が0円

福岡市の創業者向け融資「スタートアップ資金」の信用保証料が平成28年2月1日から0円になりました。

記事を読む

no image

創業10年未満の新規事業者のための「ここから調達」サイト

先月8月27日に、今国会で改正されたいわゆる「官公需法」に基づき、官公需における新規中小企業者向けの

記事を読む

no image

経営セーフティ共済のメリット・デメリット

経営セーフティ共済(中小企業倒産防止共済)は、取引先の倒産という不測の事態に直面した際に迅速に融資を

記事を読む

PAGE TOP ↑