海外の所得税事情

公開日: : 海外進出

所得税居住者かどうか等により各国で課税範囲が異なり、税率にも幅があります。たとえば、日本の所得税は5%~45%(地方税等含めると55%)ですが、ドバイでは個人所得税自体が存在しません。相続税や贈与税に関しても、シンガポール、香港、インド、マレーシアやドバイ等相続税や贈与税がない国が多く存在します。今回は各国の所得税の取り扱いについて、簡単にご説明します。

日本(最高税率45%

居住者(永住者)      全世界所得課税(日本だけでなく世界中で稼いだ所得に対して課税)

居住者(非永住者)     日本国内源泉所得+日本に送金された国外源泉所得に対して課税

非居住者          日本国内源泉所得のみ課税

■アメリカ(最高税率39.6%

米国市民          全世界所得課税

外国人(米国居住者)    全世界所得課税

外国人(米国非居住者)   国内源泉所得のみ課税

■イギリス(最高税率45%

英国に本拠地(居住者)   全世界所得課税

英国に本拠地(非居住者)  国内源泉所得のみ課税

英国に本拠地なし(居住者) 国内源泉所得に課税。国外源泉所得は送金基準or発生基準を選択

英国に本拠地なし(非居住者)国外源泉所得は非課税

■オーストラリア(最高税率45%

居住者(永住者)      全世界所得課税

居住者(非永住者)     国内源泉所得のみ課税

■シンガポール(最高税率22%

居住者      国内源泉所得(シンガポールで発生or受領した所得のみ)に課税。住民税なし。

非居住者     居住者同様。滞在日数60日以下の非居住者はシンガポール源泉の給与所得に非課税。

■香港(最高税率22%

香港で生じる所得に対してのみ、事業所得税、給与所得税、資産所得税が課税。国外で発生する所得には非課税。香港の預金利子も非課税。

■マレーシア(最高税率28%

居住者      国内で発生した所得(国外受領含む)およびマレーシア国内で受領した国外源泉所得に対して課税

非居住者     国内源泉所得のみ課税。税率は一律28%マレーシアでの雇用就労が60日以内等一定の条件を満たす場合は免税。

■タイ(最高税率35% 減税措置中

居住者      国内源泉の全世界から支払われた現金所得と国外源泉でタイに持ち込まれた所得に課税

非居住者     国内源泉所得のみ課税

インド(最高税率30%

居住者(通常)   全世界所得課税

居住者(非通常)  国内で発生または受領した所得及び国内でコントロールされた事業に関して国外で発生・受領した所得

非居住者      国内で発生または受領した所得。

ただし、4条件(①日印租税条約における日本の居住者、②インド滞在期間が課税年度で183日を超えない、③報酬がインド国外の居住者から支給、④報酬がインド国内の恒久的施設によって負担されているものでない)を満たす場合は免税

以上、今回は各国の所得税事情について簡単にご説明しました。

————————————————————————————————————————————

手数料無料】で合同会社の設立を行っています。福岡での合同会社設立なら小西公認会計士事務所にお任せ下さい。専門スタッフが創業後の節税や融資も含めて親身に相談にのりますので、まずはお電話でご相談ください。初回相談料無料です。Tel: 092-517-3505
小西公認会計士事務所
公認会計士・税理士 小西慎太郎
福岡県福岡市中央区荒戸1丁目1番3号大濠JOYビル4階
HP: http://konishi-kaikei.com/

————————————————————————————————————————————

関連記事

no image

インドで法人設立

インドは日本の約9倍の大きさで、12億人の国民がいます。いわゆる「発展途上国」でありながら、物価調整

記事を読む

PAGE TOP ↑