創業10年未満の新規事業者のための「ここから調達」サイト

公開日: : 最終更新日:2015/09/18 中小企業支援情報

先月8月27日に、今国会で改正されたいわゆる「官公需法」に基づき、官公需における新規中小企業者向けの契約比率や中小企業・小規模事業者の受注機会の増大のための措置事項等を定める基本方針が閣議決定されました。今回は、この基本方針の概要先月10日より開始された「ここから調達」サイトを簡単にご紹介します。販売実績や信用力等の問題で販路拡大が難しい創業者の入札機会等を支援する内容ですので、新規事業者の方はぜひご参考ください。

■基本方針の概要

官公需における新規中小企業者との契約比率につき、平成27年度~平成29年度の3年間で26年度比倍増の水準を目標とする(平成26年度の国等の官公需契約実績の推計は約1%のみ)

・新規中小企業者への配慮として、入札時に実績を過度に求めない少額随意契約時には新規中小企業者を見積先に含める

・各府省等や地方公共団体の調達担当者等が新規中小企業者の情報を入手しやすくするための情報登録サイト(「ここから調達」)の開発・運営や、地方公共団体との連携を図る

・各省各庁の長及び公庫等の長は、国等の契約の基本方針に即して速やかに「中小企業者に関する契約の方針」を作成し、方針に定められた措置等を推進する体制を整備する

■ここから調達サイト(https://u10sme.smrj.go.jp/)

・ここから調達サイトは、創業10年未満の中小企業・小規模事業者が登録する官公需向け物品・サービスの情報等を各府省や地方公共団体等にて共有・活用する情報提供サイトである

・登録の対象となる事業者は、創業10年未満に該当する中小企業・小規模事業者で、いわゆる「みなし大企業」に該当する事業者は対象外。なお、平成27年4月1日時点で創業10年目の事業者は、27年度中1年間は創業10年未満と扱われる

・登録必須情報は事業者名、住所、設立年月日、提供する商品・サービス、営業エリア等一般公開される

ここから調達サイトのほかにも、中小企業者等が官公需情報を入手するサイトとして、官公需情報ポータルサイトがあります。官公需との取引実績は、その後の信用力増大にも役立つことが期待できますので、ここから調達サイトに一度登録してもよいかもしれません。スキー場のポスター作成やフラワーデザイナーなど、多種多様な入札事項が載っていますので、官公需情報ポータルサイトも一度のぞいてみてください。

————————————————————————————————————————————

手数料無料】で合同会社の設立を行っています。福岡での合同会社設立なら小西公認会計士事務所にお任せ下さい。専門スタッフが創業後の節税や融資も含めて親身に相談にのりますので、まずはお電話でご相談ください。初回相談料無料です。Tel: 092-517-3505
小西公認会計士事務所
公認会計士・税理士 小西慎太郎
福岡県福岡市中央区荒戸1丁目1番3号大濠JOYビル4階
HP: http://konishi-kaikei.com/

————————————————————————————————————————————

関連記事

no image

来年度の補助金予報

起業時の資金調達の方法の1つとして、補助金や助成金を利用する方法があります。 今回は、今年の8

記事を読む

no image

住民税特別徴収の義務化

個人住民税の特別徴収とは、所得税の源泉徴収と同様に、給与支払者である事業主が従業員に毎月支払う給与か

記事を読む

no image

福岡市の創業者向け融資「スタートアップ資金」の信用保証料が0円

福岡市の創業者向け融資「スタートアップ資金」の信用保証料が平成28年2月1日から0円になりました。

記事を読む

no image

経営セーフティ共済のメリット・デメリット

経営セーフティ共済(中小企業倒産防止共済)は、取引先の倒産という不測の事態に直面した際に迅速に融資を

記事を読む

PAGE TOP ↑