領収書かレシートか

公開日: : 税金

今回は、経費の証明書類として、領収書をもらわなければならないのか、それとも、レシートでもよいのか、というよくある質問に関して簡単にご説明します。

まず、税法上の取り扱いについてみてみると、

所得税法施行規則63条には、「取引に関して相手方から受け取った注文書、契約書、送り状、領収書、見積書その他これらに準ずる書類」を申告の期限から7年間保管するように定められています。

一方、消費税法第30条9項には、書類の記載事項として下記が挙げられています。

イ 書類の作成者の氏名又は名称  =誰から 

ロ 課税資産の譲渡等を行つた年月日 =いつ

ハ 課税資産の譲渡等に係る資産又は役務の内容 =何を

ニ 課税資産の譲渡等の対価の額 =いくらで

 

つまり、レシートあれ領収書であれ、上記の記載があり、偽造したものではないことが明白であれば問題ないことになります。上記のうち、「いつ、いくらで」は領収書やレシートに記載されている場合がほとんどですが、「誰から、何を」は記載不十分なことも多いため、レシートや領収書に関しては、特に以下の点を確認したうえで保管しましょう。

①お店等作成者の住所氏名が入っていることを確認する

氏名だけでは、どこの誰だかわからず、不明瞭です。

②「品代」としか記載していないような領収書は、数年後の税務調査でも内容がわかるように明細レシートとセットで保管するかペンで追記しておく

ちなみに、領収書もレシートもない場合は、上記4点がわかるようにメモを残して取引を証明できるようにして対応する方法もあります。税務調査が来てから焦ることのないように、普段からこまめな対策を怠らないようにしましょう。

————————————————————————————————————————————

手数料無料】で合同会社の設立を行っています。福岡での合同会社設立なら小西公認会計士事務所にお任せ下さい。専門スタッフが創業後の節税や融資も含めて親身に相談にのりますので、まずはお電話でご相談ください。初回相談料無料です。Tel: 092-517-3505
小西公認会計士事務所
公認会計士・税理士 小西慎太郎
福岡県福岡市中央区荒戸1丁目1番3号大濠JOYビル4階
HP: http://konishi-kaikei.com/

————————————————————————————————————————————

関連記事

no image

確定申告の準備をはじめましょう

今年の所得税の確定申告期間は、2016年2月16日(火)~3月15日(火)です。個人事業主等確定申告

記事を読む

no image

年金受給者の確定申告

公的年金にも、原則、所得税・住民税がかかります(障害年金・遺族年金は非課税)。今回は、年金受給者の確

記事を読む

no image

償却資産税の申告忘れていませんか?

1月1日時点で所有している償却資産がある場合、原則、その年の1月31日までに、資産が所在する市町村に

記事を読む

PAGE TOP ↑